top of page
  • Goto

リチュウムイオン電池消火剤の必要性


私達ドローンに関わる人々はドローンライセンス(2022年より免許制)講習の際に「リチュウムイオン電池が燃えた場合、消火器では消化出来ません。危険なので触らずに速やかに消防署へ連絡して下さい。」などと教わります。私達「リチュウムイオン電池消火剤普及協会」では海外で認められた消火剤を輸入販売しており、特に農業用ドローン散布現場で作業する方々への使用、安全管理に対する企業様への協力を啓蒙と指導を行っております。

社員の安全管理と活動、詳しい詳細についてはこちらまでお問合せ下さい。

info@farmerscafe.jp


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page