• Goto

第一回インド蕎麦祭り

2日間に渡るインド国内初の蕎麦祭りに唯一の外人としてブース出店、日本の栽培社としてゲストスピーチ、実際にそばを茹でて振る舞うデモンストレーションなどなどで参加してました。とっても疲れましたがとっても楽しい2日間でした。

旅本などガンジス川の辺りで人間の生死を垣間見れるインドをイメージしてましたが、初インドはアメージング。初夜のエアロシティの発展具合にその予想を良い意味で裏切られました。

国内線を乗り継ぎ、陸路で3時間掛けてたどり着いた蕎麦祭りの地域も、ヒンディーの習慣は薄く、ウエスタンソングが流れ、「踊るマハラジャ」の様な曲も流れていません。

旅程も道半ばですので特に食事には気をつけ、コロナ禍でもあるので無事帰国したいと思います。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私達ドローンに関わる人々はドローンライセンス(2022年より免許制)講習の際に「リチュウムイオン電池が燃えた場合、消火器では消化出来ません。危険なので触らずに速やかに消防署へ連絡して下さい。」などと教わります。私達「リチュウムイオン電池消火剤普及協会」では海外で認められた消火剤を輸入販売しており、特に農業用ドローン散布現場で作業する方々への使用、安全管理に対する企業様への協力を啓蒙と指導を行ってお